朝から風俗って最高に贅沢

地味なのはカモフラージュ?

地味な同僚だなって思っていたんですけど、どうやらそれは世を忍ぶ仮の姿というか、会社ではカモフラージュで本当の姿こそあっちなのか…とかいろいろと考えました。それは、この前指名した風俗嬢が会社の同僚だったんですよ(苦笑)さすがに驚きましたけど、それ以上に驚いたのは彼女は職場では本当に地味なんですよ。だからこそ男性社員も誰も相手にしないというか、そもそもそういった対象ではないだろうって気持ちになっていたんですけど、目の前の彼女はメイクもしっかりしているし格好も派手なので同一人物とは思えなかったんです。だから最初彼女だとは気付かなかったんですよね。でも彼女はこちらのことを分かっているからちょっとよそよそしいというか、気まずそうにしているのでじっと顔を見て気付いたんです。もしかしたらUちゃん?みたいな(笑)毎日風俗でのようなメイクで仕事をしてくれたら男たちのテンションも相当なものになるんじゃないのかなと思いつつ、満足しました。

受けの美学。それでしょう

性感マッサージという風俗はまさに「受けの美学」なんじゃないですかね。相手を攻めるのではなく、どれだけ相手のテクニックを受けられるのか。その一点に尽きると思うので、良いとか悪いとかではなくて、合っているのかどうかの方が重要な風俗なんじゃないかなと思いますよ。どれだけ上手な技を持つ性感マッサージの女の子を相手にしたとしても、受けるよりも攻めたいって思っている人にしてみれば消化不良に感じてしまうと思うんですよ。でも、受けるのが好きって人にとっては理想そのものと言っても決して大袈裟ではないんですよね。だから性感マッサージを楽しむのであれば、その点もしっかりと考えなければならないと思うんですよ。受けの美学と言うことをよくよく考えた上で、じゃあ自分には合っているのかどうか。自分は攻めるのと受けるのと、どっちが好きなのかをよく考えれば、自ずと結果も見えてくるんじゃないのかなって思うので、そこが大切なんですよ。